バルーン空撮概要

ヘリウムガスバルーンによる空撮・夜景空撮を行っております。2015年より一部動画の撮影開始。

 撮影高度は一部場所を除き、地上より150m上空をその範囲といたしますが、条件・要望により250m程度まで延長させることは可能です。※1m単位で高度設定可能
撮影したデータを編集し高解像度パノラマや360°VRの加工も行います
航空法改正後も都内での撮影も可能です。
※バルーン空撮においては2014年👉ヨーロッパでの空撮実績もございます。

小学校.psd

特徴

風に弱いと言われているバルーンですが、、、

 確かに風に対して弱い側面もあります。それは隣接地にマンション等の建物があるなど、ある条件が重なり乱流現象が発生する現場においてです。しかし、これまでの現場判断と経験からバルーン空撮に不向きな場所・条件等は確実に判断がつきます。
高度に関係なく安全に撮影でき、また現場にもよりますが徒歩での移動も可能なのでいろんなアングルでシャッターを切る事が可能です。車2台くらいの駐車スペースがあれば昇降は可能となります。
※昇降ポイントから周囲65°の角度に建造物等ある場合は、ロケにて判断、現場の風向・風力など確認致します。

IMG_6810.jpg

安全面に関して

多数の空撮経験と安心の損害保険 - 無事故 & 安心感 -

 これまで無事故である事はもちろん、大手保険会社の損害保険に加入している事からクライアント様には安心して空撮をご依頼頂けます。保険の内容に関しましては、お見積もりを頂き内容明示をお求めの場合、詳細をお伝えさせていただきます。
 建設中の現場でも周囲の環境と気象状況を適切に判断させていただく事で、素早く安全に空撮を実施します。

DSC04785.JPG

News